基本方針 倫理規定 個人情報保護に対する基本方針

【 基 本 方 針 】

  1. 地域福祉の拠点としての拡充を図ります。
  2. 信頼されるプラザとして各職員・各部門がそれぞれの特徴を活かしながら、地域の皆様と共に地域福祉に関わる様々な課題に取り組んで参ります。

【 倫 理 規 定 】

福祉施設は、我が国を豊かでやすらぎのある高齢者社会とする大きな役割を担っています。住み慣れた地域社会の中で、人としての尊厳が守られ、自立と社会参加が保障されて生きていくことは、人権尊重の当然の権利です。私達の施設においても、利用者一人ひとりの特性やニーズに即して生活を支え、主体的に生きていくための取り組みが求められています。
 それには、利用者の自己決定を尊重し、質の高いサービスの提供や地域の関連機関とネットワークを組むなど、地域生活に必要な環境を整えることが重要です。さらには、私達職員の意識の持ち方、新しい取り組みへの工夫が必要であり、常に「人権」を尊重した次のような基本姿勢を堅持し、創意工夫を持って利用者の支援、介護を行います。

  1. 私達は、利用者の人としての尊厳を大切にし、利用者の性別・宗教・家庭環境・能力・加齢による疾病や障がい等あらゆる理由において差別しません。
  2. 私達は、職務遂行にあたり、関係法令及び法人の諸規定を遵守します。
  3. 私達は、業務上知り得た秘密や情報を他に漏らすことはしません。
  4. 私達は、利用者のプライバシーを守り、侵害しません。
  5. 私達は、利用者の主体性、個性を尊重し、自己選択や自己決定ができるように工夫し、公平公正な支援や介護を行います。
  6. 私達は、利用者の人権を擁護する者としての自覚をもち、利用者と常に対等な立場で接するとともに必要な支援、介護を求められた時は誠実に対応します。
  7. 私達は、利用者への虐待・暴言・セクハラ等あらゆる人権侵害を絶対に行いません。
  8. 私達は、利用者への的確な支援、介護を行うために研修・研究に励み、専門性の向上と倫理の確立に向けて自己研鑽に励みます。

私達職員は、支援・介護が一方的になっていないかを利用者の立場に立って、常に自己点検を行い、他者からのご意見等については、謙虚に受け止めるとともに、この職員倫理に反する行いは、相互にこれを見過ごさず、改善のための努力を惜しみません。さらに運営基本方針を定めましたので、これを遵守いたします。

上飯田地域ケアプラザ


【 個人情報保護に対する基本方針 】

  1. 基本方針
    社会福祉法人 公正会は、当法人が扱う個人情報の重要性を確認し、その適正な保護のために、自主的なルール及び体制を確立し、個人情報の保護に関する法令、その他の関係法令及び厚生労働省のガイドラインを厳守し、利用者の個人情報の保護を図ることを宣言いたします。

  2. 個人情報の適切な収集・利用・提供の実施
    (1)個人情報の取得に際して、利用目的を特定して通知または公表し、利用目的に従って、適切に個人情報の収集・利用・提供を行います。
    (2)個人情報の収集・利用・提供にあたっては、本人の同意を得るようにします。
    (3)個人情報の紛失・漏えい・改ざん及び不正なアクセス等のリスクに対して、必要な安全対策、予防措置を講じて適切な管理を行います。

  3. 安全性の確保の実践

    (1)当法人は、個人情報保護の取り組みを全職員に周知徹底させるために、個人情報  に関する規定類を明確にし、必要な教育を行います。
    (2)個人情報保護の取り組みが適切に実施されるよう。必要に応じて評価、見直しを行い、継続的な改善に努めます。

  4. 個人情報保護に関するお問い合わせ窓口
    当法人に関する個人情報のお問い合わせ、あるいは、開示、訂正、削除、利用停止等の依頼について、以下の窓口でお受けいたします。

横浜市上飯田地域ケアプラザ
泉区上飯田町1338-1 TEL 802-8200
社会福祉法人 公正会
理事長 斉藤 公貴・所長 斉藤 秀彦